本当に合った介護施設を選ぶポイント

category01

一言に介護施設と言っても、実はたくさんの種類があり、その形態に応じて受けることの出来るサービスや、料金は大きく異なります。


まず、入居される方が要介護認定を受けているかどうかが大きく関係し、最も良く知られる特別養護老人ホームや、病院でのリハビリを目的とした介護老人保健施設、認知症の方の生活の場となるグループホーム等は、要介護認定を受けていないと利用ができません。

特別養護老人ホームなどは、要介護3以上の人しか利用できないため、まずは要介護認定を確認することがお勧めです。
有料老人ホーム等は、介護認定の規定がないため要介護3以下の方でも入居できますが、料金に差が大きく、サービスも施設によって異なるため、施設選びは見学だけでなくきちんと料金等の確認をすることが大切です。まだ健康で、自立している人が入居できる介護施設もあります。



住宅型有料老人ホームや、健康型有料老人ホーム、サービス付き高齢者住宅等があり、スタッフが常時介護を行うわけではありませんが、館内に介護スタッフが常駐し緊急時の対応や安否確認をしてくれるため、まだ介護は必要ないが一人暮らしで不安のある方にお勧めです。


その他、低料金で利用できる軽費老人ホームなどもあり、ある程度の自立度など条件はありますが、高額になりがちな介護費は抑えることが可能です。

このように、介護施設は入居者の介護度に応じて様々な形態をしています。



まだ介護は必要なくても、介護が必要になった時にスムーズに有料老人ホームに転居できるよう施設同士連携しているところも多いため、まずは気軽に問い合わせてみるか、ホームページを開設している施設も多いので、インターネットで確認するのもお勧めです。



予備知識

category02

日本では介護を必要とする人の増加、また介護に対する問題意識の高まりと共に、様々な介護施設が誕生しています。その中でも歴史が古く、現在、施設数、利用者数、共に圧倒的なのが特別養護老人ホーム、通称、特養です。...

subpage

知っておきたい常識

category02

介護施設と言えば、本来介護スタッフが入居者の身体介護に加え、身のまわりのお世話や生活の手伝いをする施設といったイメージがありますが、実は介護が必要でない人でも入居できる施設があります。住宅型有料老人ホームやサービス付き高齢者住宅はその代表で、その名の通り高齢者のための住宅として、マンションのようなシステムを採用しているところが多いですが、介護スタッフが常駐し、緊急時の対応から日常の安否確認、生活相談などを行ってくれるため、一人暮らしの高齢者で生活に不安のある方などには特にお勧めです。...

subpage

福祉の秘密

category03

先進国でも類を見ないほどの速さで少子高齢化を迎えているのが日本です。そのため高齢を利用として介護を必要としている人が利用できる介護施設は、とても重要な役割を果たしていると言えます。...

subpage

福祉の情報まとめ

category04

介護施設と言っても種類は様々あります。介護保険サービスの特別養護老親ホームや、全額自費で負担し入居する有料老人ホーム。...

subpage