介護保険適用外の介護施設

介護施設と言っても種類は様々あります。


介護保険サービスの特別養護老親ホームや、全額自費で負担し入居する有料老人ホーム。自宅で生活できなくなった方を対象にした措置的な養護老人ホーム。


賃貸的意味合いが強くほぼ自立された方が対象となるサービス付き高齢者向け住宅など様々です。



介護施設などを探す際は、自身の身の回りに介護施設の入所を必要とする人がいるか、老後のための転居準備という方がほとんどでしょう。



物件探しと同じで施設を回るだけでも一苦労です。


介護施設の探し方のお勧めは家族やキーパーソンのアクセスのしやすさやサービスの内容、そして、収入などを踏まえた支払い能力に応じた生活ができるかというところです。
家族、キーパーソンのアクセスのしやすさとは、入居した利用者の容態急変時の救急搬送、あるいはターミナルケアを迎えた際に「すぐに来てほしい」という要望があった場合の対応のしやすさです。

終の棲家とする場合、かなり重要な部分になることがあります。サービスの内容については、同じ有料老人ホームというくくりの施設でも、介護の無料の範囲、有料の範囲、介護保険の併用を強制するなど、大きく変化してきます。



日中は施設に併設しているデイサービスに必ず行ってもらうことや、土日はヘルプサービスを利用することを求められることがあり、予算オーバーになっているということも実はあるのです。
最後の支払い能力とサービス内容は重要なつながりがあります。